日本政府、レバノンの子どもたちとその家族の越冬支援に180万米ドルの緊急無償資金協力を供与

2022年1月27日 ベイルート(レバノン)発

UNICEF Lebanon
2022年1月27日
配布するキットを確認するスタッフ
UNICEF Lebanon/2022

2022年1月27日 ベイルート(レバノン)発

日本政府はレバノンにおける若者および水と衛生に関する事業を通じて、命を守る人道支援を拡大するため、国連児童基金(UNICEF)に180万米ドルの緊急無償資金協力を供与しました。本支援により、高地では気温が10度からマイナス5度に達する今後2カ月間、UNICEFはぜい弱な若者が支援を受けて製造した毛布や上着、防寒キット、靴下を、暖をとる手段が限られている、または全くない家で暮らす人々に配布することができるようになります。また、弱い立場に置かれる家族が積雪や強風、洪水の影響を受ける冬を乗り越えることができるように支援するため、UNICEFはベッカー高原において、質の高い水と衛生サービスの提供を継続します。日本政府による本越冬支援により、3万5,000人のぜい弱な子どもたちや若者、そしてその家族が恩恵を受けます。

「日本政府と国民の皆様のご支援で、UNICEFはこの未曽有の時代においても、困難に直面しているぜい弱な子どもたちとその家族に、寒い時期に必要な支援を行うことができます。心より感謝申し上げます。日本政府のご支援のもと、UNICEFはパートナーと協力して、最もぜい弱な子どもたちとその家族が今まさに切に必要としている人道支援を届けます。」と、UNICEFレバノン事務所代表代行のエティー・ヒギンスは述べました。

「私たちは現在レバノンにおいて進行している人道危機の深刻さを十分に認識しています。真の被害者は常に、ぜい弱な立場に置かれている子どもたちとその家族です。厳しい冬に直面する彼らの苦しみを和らげるため、日本はUNICEFを通じた支援をさらに強化することを決定しました。本支援を通じて、国際社会は常にレバノンの人々と共にあるという、私たちのメッセージが届くことを願っています。」と、大久保武 駐レバノン特命全権大使が述べました。

日本政府からの新たな資金協力は、レバノンの財政的および経済的危機によって最もぜい弱な立場に置かれることとなった女の子や男の子とその家族が、厳しい季節を乗り越えられるようにするためにUNICEFが緊急支援を強化する、非常に重要な局面で供与されました。

冬服キットを受け取ったレバノンの女の子。
UNICEF Lebanon/2022
冬服キットを受け取ったレバノンの女の子。

【関連ページ】日本政府の支援によるレバノンでのUNICEF支援事業

 


For the press release in English, please click here.

2022年のニュース一覧へ戻る