ウガンダ:石けんや消毒剤、洗剤をコミュニティへ

2020年6月14日 ウガンダ発

UNICEF Uganda
2020年6月14日
水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

2020年6月14日 ウガンダ発


「石けんときれいな水で頻繁に手を洗いましょう」というメッセージは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と闘うために世界中の人々に伝えられているメッセージの一つです。石けんと清潔な水で手を洗うことは、COVID-19の感染拡大を防ぐために実施できる、安価で簡単な、そして最も重要な方法の一つです。

しかし、切に必要とされている石けんや清潔な水を手に入れることができない子どもたちや家族、コミュニティはどうしたらいいのでしょうか。多くの人にとって石けんは贅沢なものであり、基本的な水や衛生設備が十分にない人もたくさんいます。このような人々は、病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

ウガンダでロックダウンが徐々に解除される中、水と衛生への支援はとても重要となっています。そのため、UNICEFは危険にさらされている保健施設や家族、コミュニティのために、石けんや洗剤、手指消毒剤、塩素、簡易手洗いスタンドなどの水と衛生に関する物資を提供して政府を支援しています。これらの物資は、最も困難な状況にあるコミュニティのために各地域に発送されます。

水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

COVID-19の感染拡大を受け、UNICEFはCOVID-19からコミュニティを守るため、政府の水や衛生に関する物資の調達と地域への配布を支援しています。

水と衛生に関する物資の発送作業をするUNICEF倉庫アシスタント
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

UNICEF倉庫アシスタントのフィオナ・ナカニケ は、各地域への配布が行われる前に、どれぐらいの物資を送るか助言をしています。COVID-19のまん延を抑えるために力を尽くす政府をサポートするため、いくつかの物資は既に各地域に送られているといいます。

水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

特にCOVID-19の感染が続く中、石けんと清潔な水での効果的な手洗いを促進するため、UNICEFは国境近くの地域で暮らす人々を含む、危険にさらされている家族やコミュニティに洗濯用石けんを提供しています。

新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための石けんや洗剤
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

手洗いには、どのような種類の石けんも使うことができます。UNICEFは固形石けんや洗濯用の石けんに加えて、液体石けんも提供しています。石けんと水を使った手洗いは、コロナウイルスからコミュニティを守るための最も簡単で安全な方法の1つです。

新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための石けんや洗剤
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka
新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための石けんや洗剤
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

COVID-19のパンデミックの間、保健施設はリスクが高い場所ではありますが、治療ケアを受ける患者や命に関わる病気と闘う最前線にいる保健員にとっては、常に安全な場所でなければなりません。UNICEFは保健施設や隔離施設での感染症を予防・管理するため、保健員や患者が使うための洗剤と塩素を提供しています。 既に100以上の保健施設がこれらの水と衛生に関する物資を受け取っており、7月と8月には、さらに300の保健施設にも物資が提供される予定です。

新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための手指消毒剤
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka
新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための手指消毒剤
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

石けんがない場合、保健員やその他の現場スタッフは、勤務中に手を清潔にするために手指消毒剤を使うことができます。UNICEFは保健施設や隔離施設に手指消毒剤も提供しており、保健員が患者に対応する際に使用できるようにしています。手指消毒剤の使用は、特にパンデミック時の感染の抑制に役立ちます。そして、各地域に届けられる物資の中には、日本企業のサラヤ株式会社の手指消毒剤も含まれています。

新型コロナウイルス(COVID-19)に対応するための簡易手洗いスタンド
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka
水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

また、UNICEFは公共の場所や保健施設、隔離施設などで使用するための簡易手洗いスタンドを提供しています。肘で押して水を出せる簡易手洗いスタンドは、COVID19の感染を防ぐための手洗いの手助けになっています。

水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka
水と衛生に関する物資の発送作業する人々
UNICEF Uganda/2020/Nakibuuka

発送前には、スタッフがトラックに水と衛生に関する物資を積み込みます。UNICEFの倉庫から物資を必要とする人たちのもとへ、ほぼ毎日、水と衛生に関する物資が届けられています。COVID-19の予防に関する情報も物資と一緒に届けられており、UNICEFの支援がこれまで以上に必要とされています。

給水タンクに水を汲む人々
UNICEF Uganda/2019/Bridger

UNICEFはコミュニティの人々が水を確実に利用できるようにすることを目指し、水の供給量を増やすために井戸に太陽光発電システムを導入しています。十分な水の供給と石けんの提供により、他の感染予防策とともに頻繁に手洗いをすることで、コミュニティの人々はCOVID-19から身を守ることができるのです。

【関連ページ】
日本政府の支援によるウガンダでのUNICEF支援事業
サラヤ株式会社 代島裕世取締役 インタビュー【後編】(ボイス・オブ・ユースJAPAN HP)