ルワンダ:ブルンジ難民の子どものための教室と遊び場を開設

2019年1月21日 東京発

UNICEF
2019年1月21日
UNICEF Tokyo

2019年1月21日
 

2018年9月、日本政府のご支援により、UNICEFはパートナー団体と協力してルワンダの東部県キレヘ郡のマハマ難民キャンプにある乳幼児期の子どもの発達(ECD)センターに新たに教室と遊び場を開設しました。

困難な状況下に置かれている子どもたちが安全な場所で遊び、学ぶことができるように作られたこの施設によって、難民キャンプに身を寄せる多くの12歳未満の子どもたちが恩恵を受けます。


 

【関連ページ】日本政府によるルワンダのUNICEF支援事業