日本政府、タジキスタンの子どもたちの定期予防接種改善のための無償資金協力を供与

2021年11月1日 ドゥシャンベ(タジキスタン)発

UNICEF Tajikistan
2021年11月01日
署名式の様子
UNICEF Tajikistan/2021/ M. Ruziev

2021年11月1日 ドゥシャンベ(タジキスタン)発

本日、宮下孝之駐タジキスタン共和国日本国特命全権大使とUNICEFタジキスタン事務所代表のオサマ・マッカウィの間で、「幼児期予防接種改善計画」に関する書簡の署名及び交換が行われました。日本政府は本事業を支援するため、UNICEFに3億700万円の無償資金協力を供与します。署名式は、ジャモリデネ・アブドゥゾラ保健社会保護大臣の立ち合いのもと、共和国免疫予防センターで行われました。

本事業は、タジキスタンにおける乳幼児や子どもの病気への罹患率や死亡率を低下させ、その水準を維持し続けると共に、すべての地域に公平に支援を届けることを目指します。特に、ワクチンの調達や配布に加え、ワクチン調達に対するタジキスタン政府の予算配分を増加させるためのアドボカシーや、サプライチェーンの管理、予防接種事業の成果モニタリングを通して、国の予防接種拡大計画の実施の強化と持続性の向上を目指します。

本事業では、主に以下のワクチンの調達を行います。

  • 麻疹、おたふく風邪、風疹から子どもを守る新三種混合(MMR)ワクチン
  • B型肝炎を防ぐためのB型肝炎ワクチン
  • 注射器やセーフティボックスなどのワクチン関連機材

「本支援を通じて提供されるMMRワクチンは、必ずや国中の子どもたちの健康な生活に貢献することでしょう。この事業で、子どもたちを様々な感染症から守ることができます。日本とタジキスタンの両国が、「誰一人取り残されるべきでない(No one should be left behind)」という共通の目標を掲げていけることを、大変嬉しく思います。」と、宮下孝之駐タジキスタン共和国日本国特命全権大使が語りました。

タジキスタン全土で実施される本事業は、ワクチンの調達および配布を集約化し、国の倉庫から各地域、そしてプライマリーヘルスケア施設へとワクチンを配布することで、すべてのワクチン接種所で必要不可欠なワクチンを入手できるようにします。3年間で100万人近くの子どもたちが、直接的な恩恵を受けます。

過去20年以上にわたり、タジキスタンにとって最も困難な時期に、日本政府の寛大なご支援は、ワクチンやコールドチェーン機材、必須医薬品、基本的な医療物資の提供を通して、同国の幼児予防接種事業と母子保健サービスの維持に大きく貢献してきました。

「UNICEFは子どもたちや女性、その家族を代表し、この度の日本政府の大変重要かつ柔軟なご支援、そして新型コロナウイルス感染症のパンデミックの中、タジキスタンの予防接種事業の改善と継続を支援するための取り組みに、心より感謝申し上げます。UNICEFやパートナーは、予防接種事業をさらに強化させ、国中の子どもの生存に不可欠な質の高い支援を継続するため、これからも保健社会保護省を支援していきます。」と、UNICEFタジキスタン事務所代表のオサマ・マッカウィが語りました。

 

【関連ページ】日本政府の支援によるタジキスタンでのUNICEF支援事業


For the press release in English, please click here.