日本政府、ガザの子どもたちの生活改善のためにUNICEFを通して1,166万米ドルを平成26年度補正予算より支援(パレスチナ事務所プレスリリースより)

2015年3月11日 パレスチナ発

UNICEF Palestine
2015年3月11日

UNICEFパレスチナ事務所は、対パレスチナ暫定自治政府日本国政府代表事務所と共同で、3月11日にラマッラ発プレスリリースを発表しました。

日本政府は、平成26年度補正予算より、2014年夏に起こった50日間の戦闘の被害を受けた子どもやその家族を対象にしたUNICEFの人道支援へ、1,166万米ドルの支援を決定しました。この支援は、UNICEFやパートナー団体が実施する生活再建のプロジェクトに活用されます。

UNICEFパレスチナ事務所のホームページに掲載されているプレスリリース(英語)はこちらをご覧ください。