日本政府、ガザの子どもたちのため緊急支援を実施

2012年12月31日 パレスチナ自治区ラマラ発

UNICEF State of Palestine
2012年12月31日
日本政府、ガザの子どもたちのため緊急支援を実施
UNICEF/UNI132778/El Baba

2012年12月31日 パレスチナ自治区ラマラ発

 

2012年11月の8日間に及ぶ空爆を受けて、日本政府はガザの子どもたちや女性のニーズに応えるためのUNICEF緊急支援の一環として150万米ドルを拠出します。

この日本政府の資金援助によって、UNICEFは病院へ必要不可欠な小児向けの緊急時の必須医薬品や医療消耗品をガザの病院に提供、損傷を受けた上下水道施設や発電設備などの修復、被害を受けた30校以上の学校の修繕、生徒たちへの学習教材の配布などの支援を実施することになっています。

UNICEFパレスチナ自治区のジーン・ゴフ特別代表は、「日本政府と日本の皆さんのパレスチナの子どもたちへの変わりのない支援を感謝しています。」と述べ、この緊急無償援助が、UNICEFとのパートナーシップの中で、1,600万米ドルの資金援助をしてからまだ1年も経過していないにもかかわらず、拠出されたことを強調し、これによってパレスチナの子どもたちや女性のために必要不可欠な支援が可能になると話しています。

対パレスチナ暫定自治政府日本国代表の松浦純也氏は、「この支援が中東和平プロセスにとって重要であるガザ地区の情勢の安定化に貢献できることを望んでいます。」と語っています。


日本政府のUNICEFへの支援額は、世界の支援国の中で上位5カ国に入っています。

【関連ページ】日本政府の支援によるパレスチナ自治区でのUNICEF支援事業