UNICEFと日本政府、アフリカにおける子どもたちのためのパートナーシップ動画を公開

2022年8月26日 東京発

UNICEF
2022年8月26日
UNICEF

2022年8月26日 東京発

アフリカにとって最も大切な財産は、大陸の未来を担う子どもたちや若者です。アフリカの人口の半数近くは子どもたちで、世界で最も多くの若年人口を誇ります。可能性やアイデア、創造力を秘めた若者たちは、急成長を遂げるこの大陸の大きな原動力です。

1950年以降、日本政府とUNICEFは世界中の子どもたちのため、力強いパートナーシップを築き、アフリカへの支援を行ってきました。2021年、日本政府はUNICEFの活動に9,100万米ドルの支援を行い、アフリカの39カ国で、何百万人もの子どもたちや家族、コミュニティに、質の高いサービスへのアクセスを提供しました。

今まで以上に国際社会の連帯が求められるなか、日本政府と国民の皆様の継続的な支援に、心より感謝申し上げます。

様々な課題や度重なる人道危機や気候危機、新型コロナウイルス感染症の影響にも関わらず、アフリカの国々は大きな可能性とともに開花しています。UNICEFはアフリカの子どもたち、若者、政府とともに、人間の安全保障に基づいた、持続可能で回復力のある社会の構築を支えていきます。そして、アフリカの次世代の子どもたちの希望と機会に満ちた明るい未来を実現するという日本と共通の目標に向かって活動を続けていきます。アフリカの子どもたちとともに、アフリカのために。