ニュース・活動

【ニュース】

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

~2010

【ビジビリティ・イベント・活動】

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

 

【2月26日】日本政府、ミャンマー・ラカイン州、カチン州及びシャン州における国際機関との協力継続・拡大を決定

2019年2月26日 ミャンマー・ネーピードー発

本日、日本政府と国際機関8機関によるシャン州、カチン州及びラカイン州における37億円(約3,700万米ドル)の人道支援及び開発支援事業に関する交換公文の署名が行われました。この支援により、同3州の女性や男性、男の子や女の子に対して、命を守る支援や保護、信頼構築、早期復興のための支援の提供が可能となります。この重要なパートナーシップは、2018年に締結されたラカイン州で暮らす50万人の人々への2,000万米ドルの支援をさらに強化させるものです。

「ラカイン州やカチン州、シャン州の差し迫った人道ニーズや長期的な開発のための、日本政府と日本国民の継続した支援に感謝いたします。」と国連常駐調整官臨時代理のクヌート・オスビー氏が述べました。「本日署名に集まった国際機関は、ラカイン州の人道支援と開発支援の継続や、カチン州及びシャン州北部で緊急に必要とされている人道支援活動を新たに可能とするパートナーからの変わらぬ信頼に感謝しています。」

丸山市郎駐ミャンマー日本国特命全権大使と各国際機関の代表者との間で交換公文の署名が行われました。本合意に基づき、国連児童基金(UNICEF)、国際移住機関(IOM)、国連人間居住計画(UN-HABITAT)、国連開発計画(UNDP)、国連人口基金(UNFPA)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、ジェンダー平等と女性のエンパワメントのための国連機関(UN-Women)、世界食糧計画(WFP)に支援が供与されます。

署名式はミャンマーの社会福祉救済復興省と外務省の同席のもと行われました。

人道と開発の分野横断的なニーズに対応するため、寄与された資金の約半分は食料支援やシェルター、水と衛生など、命を守る支援活動に充てられます。その他の支援はすべてのコミュニティの生活環境の向上に向けた長期的な開発のための活動に投資され、生計の回復や政府の能力向上への支援が行われます。本パートナーシップにより実施されるその他の活動は以下のとおりです。

  • ラカイン州内外の避難民の持続可能な帰還や無国籍の人々への対応のため、ミャンマー政府を支援。
  • ジェンダーの平等と女性のエンパワメントを効果的に推進するための女性リーダーへの支援、ジェンダーに対応した政策やプログラム、サービスを提供するための政府の能力強化。
  • 食料、保健、教育、保護、シェルター、キャンプ運営、水と衛生プログラムなど、必要不可欠な人道支援を行い、3州の紛争の影響を受けた国内避難民を支援。
  • コミュニティや受益者の主導による、帰還する難民や国内避難民のための居住区の復興に対する支援。
  • サービス提供の向上や司法制度へのアクセス、社会的結束とコミュニティのレジリエンスを促進する地域開発機会の創出。
  • 女性の保健サービスへのアクセスと包括的な成長と開発に対する参加と受益を確保するため、女性のエンパワメントと保護の支援を実施。

本日署名された事業は2019年4月から12カ月にわたって実施されます。

「この3州の人々のニーズは非常に大きく、我々は高い目標をもって活動を行う必要があります。」とクヌート・オスビー氏が語ります。「よりよい成果をもたらすため、国際機関は人道・開発・平和・人権の連携をとって統合的に活動を進めていきます。」

***
【参考情報】2018年2月の日本政府と国際機関の合意に基づくラカイン州における支援の過去12カ月の成果の例。

  • 20万人以上に食料支援を実施。
  • 7万2,000人の小学生に給食プログラムを提供。
  • 3万人以上の国内避難民がキャンプ運営により恩恵を受けた。
  • 1,800人以上のシェルターの修復または再建を支援。
  • 15万人に衛生用品を提供。
  • 2万人の子どもたちが「子どもにやさしい空間」で支援を受けた。
  • 移動診療所で1万5,000人が治療ケアを受診。
  • 最も脆弱な立場にある女性と女の子3,000人に女性用の衛生用品が入った尊厳回復キットを提供。
  • 意図しない妊娠ではなく選択による妊娠と安全な出産を支援する性と生殖に関する保健サービスを1万1,000人以上の女性に提供。
  • 合計28の村、88の集落、1万5,000世帯を含む4郡区で社会インフラの復興のためのキャッシュ・フォー・ワーク(CFW)を支援。
  • 2018年8月と10月、90人以上の法務官や司法官が法手続きや公正な裁判、人権、ジェンダーに基づく暴力についての知識を共有するためのフォーラムに参加。

For the press release in English, please click here. 

【参考】日本政府によるミャンマーのUNICEF支援事業

 

 
unite for children