日本とのパートナーシップ

UNICEFと日本

日本政府とのパートナーシップ

ユニセフ議員連盟(超党派)

親善大使・サポーター

 

活動 (2014)

© UNICEF/PPD Tokyo/2015
10月16日、子どもの権利条約採択25周年にあたっての意見交換会にてUNICEF幹部と一緒に

ユニセフ議員連盟の活動のうち、2014年に行われた主なものをご紹介します。


【2014年10月16日】 「子どもの権利条約採択25周年を考える」意見交換会

来日中のUNICEF事務局次長のヨーカ・ブラント、パブリック・パートナシップ局長のオラフ・ショ-ベン、事業局長のエドワード・チャイバン、およびパレスチナ事務所特別代表の功刀純子は、1016日、ユニセフ議員連盟の議員の先生方と会合をおこないました。子どもの権利条約が採択されてから25年。その間における子どもの権利状況の変遷、今後のUNICEFの取組みの重点分野等について活発な意見交換、話し合いが行われました。


【2014年6月4日】 「世界のポリオ根絶と子どもの権利」意見交換会

UNICEF本部・事務局長主席アドバイザー(ポリオ担当) ピーター・クローリーは、64日、ユニセフ議員連盟の議員の先生方と会合を行いました。会合では、クローリーからUNICEFが実施しているポリオ対策の進捗報告の後、今後改善すべき課題について活発な意見交換が行われました。

 

 
unite for children